HOME代替医療

代替医療とは

代替医療とは、通常の現代西洋医学に替わるものという対抗文化的な意味合いで生まれた言葉で、
現在では
「通常の現代西洋医学以外の医療・医学体系の総称」
「保険適用外の治療法・健康法の総称」で捉えられています。

代替医療という呼称は
当初アメリカを中心に使用されてきましたが、ヨーロッパでは西洋医学を補うものとして
「補完医療」という呼称が使われてきました。

今日では、
世界保健機構(WHO)をはじめとする世界各地で、これらを合わせた『補完代替医療』(CAM)
という名称が使われるようになりました。


西洋医学は 科学的裏づけがある
     ↑科学的裏づけがされたものは、西洋医学のグループに移行していく
代替医療は科学的裏づけが無い、または乏しい



なぜ代替療法を利用するのか?

病院で様々な検査をしても異常が見られない場合、「特に異常はありません」「もう少し様子をみましょう」
と言われた経験をされたことがあると思います。

患者自身は体に異常を感じているのに、科学的な検査で異常が発見されなければ何の治療もしてもらえない。
何とか治療法がないか?捜し求めた結果として代替医療に辿りつくというのが現状のようです。

代替医療は、症状や不調という部分に対応するだけでなく、その人の体質、その時の体調、生活習慣などを総合的に見て対抗策を講じるだけでなく、人間が本来もつ自然治癒力や免疫力を高めることに主眼をおいています。



日本における代替医療の利用実態





なぜ代替医療が求められるのか?


代替療法には、
西洋医学だけでは命の本質に届かないということに気づいた多くの人が利用するといった現状があります。



ガン患者が、健康食品や漢方を用いる、岩盤浴や気功を行うなど。
西洋医学以外に治療法を模索したり、自己治癒能力を高めることが重要であることに気づきはじめました。

アメリカでは、国民の支払った医療費が病院よりも代替医療に費やした金額の方が多いという現状があり、
代替療法に関する関心が非常に高いことが分かります。


日本でも近年、代替医療へ関心が高まってきてはいますが、
欧米に比べ保険の対象になるものが殆んど無く、まだまだ関心が薄い状況にあります。

ただし、
日本にも治療を受ける側であるユーザーの立場から発足したカムネット(CAMU Net)や、
医療者の立場から発足した日本代替・相補・伝統医療連合会(JACT)などが活動を始めています。
※日本代替・相補・伝統医療連合会(JACT)→ 2008年より日本統合医療学会(IMJ)に統合されました

このように日本でも間違いなく代替医療に対する国民のニーズが高まってきています。




代替療法の分類

@ 伝統医学
 インドのアーユルヴェーダ、中国医学、イスラム医学など(その国においては正規の医学)

A 現代医学に対抗して生まれた比較的新しい医学体型
 ホメオバシー(西洋医学のアロパシーとは逆の療法)、オステオバシー、カイロプラティックなど

B 民間療法

C 体と心のつながりに重点を置く心身相関医療
 イメージ療法、バイオフィードバック、催眠療法、アレクサンダーテクニーク、アロマテラピー、音楽療法、波動療法など

D 健康補助食品



ダイエットサポートメンバー会員サイトへ

サービス案内

当社ダイエットのメリット

ダイエットでは食事制限と運動が常識だと言われていますが、痩せない悩みを抱える大半が食事制限と運動の通用しなくなってしまった人達です。
こういった状況にある人は痩せないだけでなく、体に様々な異常(生活習慣病の前段階)が発生していることから、根本的な原因を解決しなくてはなりません。
当社のダイエット法は、代謝を改善し痩せるだけでなく、体の異常も改善できるダイエットとして高い満足度を得ています。

ダイエット・生活習慣病関連

無料メール講座

運営者情報

LINK

このページのトップへ